ファッション・コスメ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS コラーゲンが減少した際の症状

<<   作成日時 : 2009/03/20 15:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

加齢などが原因でコラーゲンが著しく減少してしまうというのは、シミ、シワ、くすみ、たるみなど、肌の老化や肌トラブルのを引き起こしてひまうのです。

肌の状態が悪いと、化粧のノリも悪くなり、見た目にも老け顔になってしまいます。化粧だけでは、隠し切れない仕方のないものです。コラーゲンは40歳過ぎると半分にまで減ってしまうのです。

フラコラ500の作用は減少したコラーゲンを素早く補い、効果覿面です。なぜなら人が一日で必要なコラーゲンの量がちゃんと含まれているからなのです。

【お気に入りサイト】
VAIO タイプpの通販
ピエルナ激安通販
球速アップのトレーニング方法

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
コラーゲンが減少した際の症状 ファッション・コスメ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる