誕生石の種類

誕生石(たんじょうせき)とは、1月から12月までにそれぞれに決まった宝石のことを指します。女性のジュエリー選びによく話題になる誕生石。幸せを呼ぶといわれる誕生石ですが、誕生石は国によって異なっていて、国の特徴の違いもみることができます。

これだけなじんでいる誕生石ですが、その歴史は以外に20世紀になってからで、1912年に米国宝石商組合で定められたものを基にして、日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定し、日本の四季を鑑みてアメリカのものにサンゴ(3月)・ヒスイ(5月)が追加されています。みなさんの誕生石をここで確認しておきましょう。

【1月】 ガーネット(柘榴石) 【2月】 アメジスト(紫水晶)【3月】 アクアマリン(藍玉) コーラル(珊瑚) ブラッドストーン(血玉、血玉髄)【4月】 ダイヤモンド(金剛石) クォーツ(水晶)【5月】 エメラルド(翠玉、緑玉) ジェイド(翡翠)【6月】 パール(真珠) ムーンストーン(月長石) アレキサンドライト(金緑石)【7月】 ルビー(紅玉) カーネリアン(紅玉髄)【8月】 ペリドット(橄欖石) サードニックス(紅縞瑪瑙)【9月】 サファイア(青玉) 【10月】 オパール(蛋白石) トルマリン(電気石)【11月】 (イエロー)トパーズ(黄玉) シトリン(黄水晶)【12月】 ターコイズ(トルコ石) ラピスラズリ(瑠璃、青金石) タンザナイト(黝簾石)これが現在使われている誕生石の一覧です。

月ごとに決められた誕生石には2通りの楽しみ方があります。1つは月ごとに宝石を取り替えて身につけるやり方。例えば、1月中はガーネットのジュエリーを着用し、2月にはアメシストのジュエリーを使用します。18世紀以前によく使われた使い方です。

もう一つは、自分が誕生した月の誕生石を通年で身につけると使い方です。さきの利用法では12種類の宝石が必要です。しかし1年同じ石なら1種類で済みます。婚約指輪に利用することもありますが、現在ではダイヤモンドだけが主に利用されています。

口コミ通販 口コミ通販プラザ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0